「ひとり起業」で最も大切なこととは

「ホンネ経営」においては、テクニックやメソッド、売上や数字の前に

「あり方」

をもっとも大切にしています。

「あり方」

をおろそかにすると、

・成果が出なかったり
・出たとしても虚しかったりして

「満たされて、充実感を持って豊かに働く」

ということから、ほど遠くなってしまいます。

僕が考える「豊かなビジネス」は

「自然体で、無理なく、楽しくできるビジネス」

なので、そこを目指したいのです。

豊かなビジネスのために、最も必要なことは?

じゃぁ一体どうすれば「豊かなビジネス」を構築できるのか?

どうしたら、「自然体で、無理なく、素敵なお客さんに囲まれ」仕事ができるのか?

そういうことをずっと考えてきました。

その結果、

「じぶんのホンネを抑えていると、うまくいかない」
「じぶんのホンネを解放すると、流れが出てくる」

ということまで分かってきました。

そこで「ホンネ経営」というコンセプトを提唱しはじめたのです。

しかし、なかなかホンネを見つけるのは難しい

しかし、実際には「ホンネ」を引き出していくのは、すごく難しいのです。

というのは、ぼくらは「ホンネ」に気づけないように、二重三重にも「バリア」が張られているからです。

そのバリアというのは

「教育」

です。

この教育というのは

「洗脳、後天的学習、親や先生から教えられたもの、天然じゃないもの、思い込み、ビリーフ、エゴ、感情、思考、催眠」

などと言い換えることができます。

「生まれついての自然、天然なもの」ではなくて「後天的な、人口の、後付けの」ものですね。

要は「ホンネ」に気づけないようにする「余計なもの」をたくさん抱えているのです。

どうしたらホンネに気づくことができるのか?

そこで、「ホンネ」を見出すべく、いろいろ研究してきましたが、まず多大な効果を誇るのが

「対話」

です。

他者と深いコミュニケーションをすることで、他者が「鏡」となり、自分の「クセ」や「傾向」が見えてきます。

ぼくのコンサルやグループワークでは、これをやっているわけです。

あなたのホンネは、どこかの本に書いてあったり、道端に転がっているものではありません。

あなたのホンネは、あなたの中にしかないのです。

対話することで、時には「痛み」を伴いながら、ホンネが内側から引き出されてきます。

「対話」の弱点

しかしもちろん「対話」にも弱点があります。

それは

「深い対話を避けてしまうこと」