ILC(統合言語コーチング)とは

統合言語コーチングは、心理学・言語学・身体学の統合的研究から生まれ、「じぶんにやさしく」をモットーとする「実践重視型」のコーチングです。

既存の心理学理論に縛られず、シンプルで実践的な対応でクライエントの「認知」に変化を起こしていきます。

クライエントが「本音でコミュニケーションできる人」になることをゴールとします。

ILCの特徴と強み

1:多彩なメソッドで対応範囲が広い

パニックやトラウマなどの心理症状から、親子関係、恋愛、ビジネスまで幅広く対応しています。

 

2:身体のお悩みにもオンラインで対応

通常のコーチングでは対応しづらい腰痛や肩こりなどにもオンラインで対応

 

3:比較的短時間で終了し、回数も少なく済む

シンプルで実践的なメソッドなので比較的短時間で終了する

ILCが開発された背景

開発者の尾関直人は、2011年に愛知県に整体院を開業して年間のべ3000名程度の施術をしていましたが、「今の施術では根本治療になっていない」と痛感していました。

 

 

「痛みを取るのではなく、クライエントさんが心から幸せだと感じられるようになってほしい」という強い思いから、ボディワークや心理療法など、さまざまな手法を学びました。

 

 

それらの手法を統合し2020年、統合言語コーチング(Integrative language coaching=ILC

)が誕生しました。

 

さらにくわしい「ILC誕生秘話」はコチラからお読みいただけます。

 

ILCを体験された方の声

こちらをクリックすると感想をごらんいただけます